« 2009年11月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月28日 (日)

上海市場調査&展示会出展

2/27~3/6まで上海出張に行ってまいりました。

報告などを。happy01

上海市内市場調査

Img_7236

筑園LivingDesignCenterは、壁紙・家具・カーペットなどのセレクトショップを集めたビル。一階にショールーム及び店舗、2階に店舗が入っている。ドイツ・アメリカ・中国等のメーカーの販売店が入っている。

Img_7242   

・壁紙のラインナップの中で、顧客から受けがよいのは欧州のクラシックな柄のもの。
ベルギー製の白のシンプルな基調の壁紙、またはオランダ製の壁紙。当初中国は赤や金など派手な色彩が好みかと思われたが、相対的に日本と同様にシンプルな自然貴重な柄が人気であるとのこと。

・壁紙の購入シーズンは10から11月頃。(おそらく春節にあわせて買い換えるニーズがある)      

・IKEA

Img_7331

最近上海に登場した北欧デザイン家具ショップ。全世界に展開。
スケールメリットによりかなりお求め安い価格で製品を供給する有名店。
上海では少し値段高めだが、欧州デザインにあこがれる若者や若い夫婦・家族に人気。視察当日は平日にもかかわらず店内は大いににぎわう。
ここでは主にランプシェードなどの情報収集を行った。

東平路、長楽路、淮海中路

Img_7230

商社で上海支店に勤務する知人と打ち合わせ。
現在の上海インテリトレンド情報を収集。

東平路、長楽路、淮海中路などが面白いとの事。
各国大使館や駐在員が多く住むエリアが最新のショップが並ぶエリアがある。
町並みも欧州各国駐留時の面影が残る、欧州風町並みが多く存在する。

Img_7339

フランス人が多くすみ、流行に敏感な若者が多く集まる。
特にお洒落なエリアの一つ淮海路(ワイハイルー)。
高級家具などのショップが立ち並ぶ。

ここには、伝統的な中国家具を扱うショップのほか、ベッドのシモンズや北欧家具のボーコンセプト、ベネチアングラスのランプショップなどが集まり、インテリアトレンドの発信地として見逃せない通り。

         
全体的なトレンドとしてはクラッシック・モダンはヨーロッパだけでなく日本や上海でも人気が出ている。
上海では、更にキラキラ&ツヤツヤがプラスされてよりゴージャスなインテリアが流行になってる。
反面、清や明の時代の古典的な中国家具は、外国人に人気。

久光デパート

Img_7384

 
夜は22時まで営業をしており、平日夜間でも多くの人で賑わっていた。
全体的な品揃え、ブランド出店種類は日本とほとんど変わらず。
客層は富裕層と思われる。

地下食品売り場で日本地方特産食品店を開催しておりうどん・味噌・酒・菓子類などが試食・試飲販売を行って多くの日本からの販売員さんもいた。

Img_7386

展示会(中国華東輸出入商品交易会)市場調査

上海で開催される展示会に参加、関係各所・バイヤー・貿易商と情報収集を行った。
 
Img_7193   
 
「中国華東輸出入商品交易会」概要
2010年3月1日(月)~5日(金)計5日間
会場:上海新国際博覧中心
住所:上海市浦東新區龍陽路2345號
主催:上海市、江蘇省、浙江省、安徽省、福建省、江西省、山東省、南京市、寧波市
商務部
上海世博(集団)有限公司
約103,500 ㎡
①出品企業:3,353 社②来場者数:43,000 人
http://www.ecf.gov.cn 

Img_7358
ギルディングデザインの五十崎和紙壁紙は“ギルディング”及び“フランス人デザイナーのデザイン”という点では非常に人気があった。

物理的に近いこともあり、なんとか海外展開のきっかけとしたい市場である。

また上海のもつパワー、バイタリティに大いに触発されました。

なんとか仕事になるよう、頑張ります!

Img_7361

Img_7215_2

今回アシスタントしてくれた上海の大学で日本語を学ぶ学生さん。heart

2010年3月25日 (木)

手仕事展出展

4/3,4の二日間

内子町五十崎にある凧博物館で第15回

五十崎手仕事展が開催されます。

五十崎社中も昨年に引き続き出展しますので

皆様のお越し、お待ちしております。happy01

亀岡酒造蔵開きに展示販売します

3/28日曜日、

亀岡酒造蔵開きですsunbottle

今年は各種イベントのほかに五十崎社中も和紙製品の展示販売を

行うことになりました!

美味しいお酒を飲みながら是非ご覧下さい!

コンテンツ活用型地域振興事業シンポジウム出演

平成21 年度コンテンツ活用型地域振興事業シンポジウム

「映像コンテンツによる地域活性の可能性と展望」

【日 時】 2010年3月29日(火) 1 4:00~16:00

【会 場】 TEPIAホール (東京都港区北青山2丁目8-44)

【参加費】無料 -

プレゼンテーション

「ドキュメンタリーの新たな活用法-伝統産業を映像で支える」

 株式会社五十崎社中代表 齋藤宏之氏

 株式会社TSSプロダクションディレクター 白神道空氏

-パネルトーク「富山観光アニメプロジェクト プロデュース事例」

 株式会社ファンワークス代表取締役 高山晃氏

 株式会社ピーエーワークス専務取締役 菊池宣広氏

-パネルディスカッション「映像コンテンツによる地域振興の可能性とは

-新しいメディアの利活用事例が示す展望」

 株式会社宣伝会議週刊「アドバタイムズ。」編集長 上条慎氏

 ビズデザイン株式会社代表取締役 木村乃氏

 東北芸術工科大学准教授 吉田正高氏

 株式会社QPR 代表取締役 清田智

【主 催】経済産業省

【事務局】株式会社QPR

本件に関するお問合せは100329@qpr.co.jp までご連絡ください

【申し込み方法】 http://www.qpr.co.jp/info/20100329/ からお申し込みください

 映像コンテンツは、昨今コミュニケーションツールとして身近になっており、

地方自治体や地域産業の事業者の間でも、自身の持つ観光資源や製品等を

より魅力的に表現するための手段として期待が高まりつつあります。

 その一方、これまでマスメディアを中心に作品を供給してきた

映像制作者にとって、視聴者が細分化されたインターネットなどの

メディアに対応したコンテンツを制作することは、あたらしい試みの繰り返しであり、

これまでとは異なる映像制作手法の確立が必要とされています。

 本シンポジウムでは、映像制作者、地域プロデューサー、

そして人材育成を担う教育機関が、三位一体となって行う理想的

なコンテンツ制作と発信の在り方について議論していきます。 

また来場者には、企画~制作~発信の一連の流れを解説した

『地域映像マニュアル』を配布するとともに、次年度の

経済産業省メディア・コンテンツ課予算方針に関する説明も予定しております。

2010年3月20日 (土)

パリ、メゾン&オブジェ展示会出展してきました

昨年に引き続き、パリ・メゾン&オブジェ展示会に出展して参りました!good

Cimg1995

師匠ガボーさんとの共同出展。

ガボー氏ブースは(ホール5B、C32)

IKAZAKIコレクションとして五十崎和紙壁紙を前面に展示。

その他ガボー氏オリジナル作品のパネル、壁紙も陳列。背景レイアウトとしても五十崎和紙壁紙を使ってもらうレイアウト。

非常にインパクト強し。

Cimg2045 Cimg2065

・イギリス、アラブ、中国、ロシア系のお客さん多し。主に代理店やデザイナーといったところです。

上記国々は派手な金箔模様に人気があります。

ガボー氏ブランド、ULGADORはかなり認知されており、さすがは10回目の展示。

フランス以外の国からの問い合わせが多く、イギリス、インド、UAE、ロシアなど派手で豪華絢爛な壁紙を好む国に人気がありました。

ニューコレクションとして全面的に五十崎和紙壁紙を展示したので非常に多くの方に見ていただき、ガボー氏代理店の方からも好印象の評判。

実際にサンプルブックの予約もいくつか頂きました。

デザインは和柄よりもガボー氏デザインによる左右非対称な植物柄が人気があり、和紙とのコントラストが非常にユニークとの評判を頂きました

Img_6861 

やはり欧州での販路は、ガボー氏経由での販売が一番現実的であるとの感想。

引き続き彼のアドバイスを受けながら市場になった商品展開、既存商品のブラッシュアッ

プを図ってがんばって参ります!happy01

2010年3月17日 (水)

内子座和紙ショー開催

2009年11月末

内子座初の和紙ショーが開催されました!sun

当日はほぼ席を埋め尽くすほどのお客さんが入り、大いに盛り上がりました。

ガボー氏プロデュース、また地元の方々のご協力があって無事に終了できた事を

心より感謝します。

Img_7968 Img_7975 Img_7983 Img_7990 Img_7996 Img_8009 Img_8055_2

中田英寿氏、工房来訪!

な・なんと先日、元サッカー日本代表中田英寿氏が五十崎社中工房に来訪されました!happy02

サッカー引退後世界の旅へ出かけ

2年間から日本の旅を続けていらっしゃるそうです。

マネージャーさん達数名で日本各地の伝統文化・伝統工芸を見学・体験する旅を通じて

日本という国を探求されていくとの事です。

当日は天神産紙・五十崎社中工房を訪れ、ガボー氏とも対面しました。

ガボー氏曰く、彼は非常に頭の切れる人だねとの評。

私は、中田英寿氏というとマスコミのイメージでとっつきにくいおっかない人なんて

変な先入観があったのですが実際にあってみると物腰の柔らかい、人の目をしっかり見つめて論理だてて話をする方でした。

女性だったら、一発で惚れそうでしたね・・heart02

五十崎和紙にも非常に関心を持っていただき、是非世界に通用する商品を開発して

いってくださいとのお言葉いただきました。

これからNAKATA.NETのブログで詳細は掲載される予定です。

楽しみでーすscissors

http://www.nakata.net/jp/index.htm

PS:日本酒の勉強もしているとかで亀岡酒造のお酒に興味深深デシタ

お土産のお酒も当日の夜に早速飲んでもらったみたいですnote

2010年3月11日 (木)

四国電力さん古民家新聞に掲載されました!

2010年2月

四国電力発行、古民家新聞(四国電力発行、古民家再生プロジェクト情報誌)

に記事が掲載されました!happy01

テーマ:南予から世界へ伝統技術の無限の可能性

Photo

タウン情報まつやまに掲載されました!

2010年3月号にて

タウン情報まつやま(愛媛No.1ベストセラー)

に掲載されました!happy01

テーマ:えひめトレンド 

手仕事 五十崎和紙を通じて日本の良さを世界に伝えたい

Img_7399 Img_7401

« 2009年11月 | トップページ | 2010年4月 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

facebook いいね!

和紙をもっと気軽に楽しむ [ステーショナリー・文房具] All Abou